テーマ:GR

旦那様の「知層」

我が家の旦那様は,昔は素直(?)だったのだけれど今はまず私の提案に否定してかかる。 例えば以前は「読む本ない?」と私に聞いて,私が手渡す本を素直に受け取って出社していったものですが,最近は「読むものがない」もしくは「○○読み終わっちゃったんだよね」と言う。 そして私が「じゃあ,これを読んだら?」と提案すると,「え~,いいよ(いら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の栄養素

毎日暑いですが,何とか頑張ってます。 ↑ 先月の花火大会時の空の写真。 これらはGRで撮ったものです。 さて,心の栄養素。 皆様それぞれだと思うのですが,私の場合は最近枯渇気味で。 どちらかというと最近は辟易して,すり減ることの方が多いです。 自由気ままに過ごしているように見えるみたいなのですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のマリロビラボ

夏の献立・・・今年は昨年よりも暑いので,夏野菜を中心に考えております。 ↑ K-mで撮影したものです。 まだまだ続いていたナムルブーム。 このタッパー一箱分を旦那様は一度に食べてしまうのです。 今年は漬物,枝豆,とうもろこし,もずく(旦那様は酢の物を摂らないので強制的に食べてもらいました),そして久々のウナギ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の公園

毎日暑いですね。 昨日は近所の公園に行ってきました。 なんと2時くらいに家を出たこともあり,汗が滝のように流れてきました。 これは生死に関わる暑さだなと思いながら,目的地の公園までひたすら行軍しておりました。 公園では皆様それぞれ思い思いに楽しんで過ごされているようでした。 家族や親しい仲間たちでバーベキューをしたり,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ディズニーランド 七月の陣

父上が,モンスターズインクとプーさんのアトラクションに乗ってみたいと言うので,母上も引っ張って3人でディズニーランドに行ってきました。 妹はお仕事のため欠席。(代わりに試験が終わったら,旦那様にお願いして星の王子様ミュージアムに連れて行ってもらおうよと話しておきました。) ↑ トム・ソーヤ島です。 砦から外を眺めた図。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の東京風景

連休最終日は結局サイクリング。 私は日光白根山に登山に行きたかったのですが,まあ仕方ない。 今回も往復30キロ以上を目指して,炎天下の中家を出発しました。 目的地とコースは旦那様が選んだので,私はひたすら後ろをついていくのみ。 2時間くらい走行すると,旦那様が行きたがっていた建設途中のスカイツリーのすぐそばに到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高水三山ならぬ高水二山へ その5

脱線してしまいましたが,続きです。 ↑ 下り坂。 いつも使っている本によれば,体力☆☆,技術☆☆とあって,山頂までの急登やこのような下り坂が頻出する点などから技術☆☆となるのだろうなと納得しました。 ↑ 残りも少なくなってきました。 ↑ 木の根っこがかなりむき出しになっている箇所がたくさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高水三山ならぬ高水二山へ その4

惣岳山山頂への急登は,三山の中でも一番厳しいらしく,夕方から雨が降るという予想だったので今回はまき道を通ることにして次回の宿題となりました。 ・・・ちょっと残念。 ↑ 前方の道を倒木が塞いでいます。 こんな光景に出会えるのも面白いなと思いながら,終点の御嶽駅までひたすら降っていきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高水三山ならぬ高水二山へ その3

↑ これを登り切れば,岩茸石山の山頂です。 ↑ 頂上からは奥武蔵の山々が望め,棒ノ折山も見えて,今度は棒ノ折山に行ってみたいなと思いながら景色を楽しみました。 岩茸石山山頂では,膝の具合がひどくなっていたのでインドメタシンでもとりあえず塗っておきたいと常備薬を入れた袋を探ってみれども・・・ない。 余裕がなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高水三山ならぬ高水二山へ その2

黙々と登り続けること1時間半くらいでしょうか。 しんどいなと思いながらも神社が見えてくると,あれ?もう常福院についてしまったの??という思い。 ↑ 少し階段を登ると神社に到着します。 この裏山が高水山なので,参拝をすませてから裏山に向かいます。 ↑ 見晴らしはあまり良いところではないのですが,こちらでお昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高水三山ならぬ高水二山へ その1

風邪の病み上がりか,ぶり返しかよく分からない状態だったけれど,頑張って山登りに行ってきました。 今回は青梅にある高水三山へ。 予定ルートは,軍畑駅→平溝橋→高源寺→砂防ダム→清浄の滝→常福院→高水山→岩茸石山→惣岳山→関東ふれあいの道→御嶽駅。 前日までの雨のため,道はややぬかるんでおりました。 高源寺を抜けて,砂防ダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ディズニーランド 梅雨の陣①

昨日はうみうしひめとディズニーランドに行ってきました♪ デートです。うふふふ。 今ディズニーランドは「首都圏スペシャルパスポート」期間中で,いつもよりパスポートが千円安いのです。 そしてイースターワンダーランドを開催中。 発端はかねてから行きたいねと言っていたこともあるのですが,ヴァイオリンの発表会が無事に終わったので一緒に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青梅丘陵~あの時のリベンジ編(下)~

遭難した場所も分かっているので,今回はちゃんと正しい道に行きました。 道標も立っていたし・・・。 ↑ 今回の写真で1番のお気に入り。 最近写真を縮小して載せているのですが,縮小させるとどうやら画像が悪くなっていると旦那様から指摘が。 どういうやり方で縮小しているの?と聞かれたので,教わった通りに写真をドラッグして読み込…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青梅丘陵~あの時のリベンジ編(上)~

昨年秋にこの青梅丘陵をうみうしひめと歩きました。 多くのトレランさんたちに出会い,心から楽しめた縦走でした。 駄菓子菓子(古い・・・),右に行くべき所を左に行き,あれよあれよという間に全く違うところに下山してしまったという結末を迎えたのでした。 低山は遭難しやすいとは本当だと実感し,今ではよい教訓になっている場所。 今回はゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のお出かけ事情

都内では,三菱一号館美術館を訪れました。 ↑開催していたのは「マネとモダン・パリ」。 平日にもかかわらず,大勢の方々が訪れていました。 館内は少々狭くて,バックを持っているとドンっとぶつけられます。 雰囲気の良い観光スポットという感じでしょうか。 そしてこちらはサントリーホール。 エサ=ペッカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山計画書 2010・夏

まず,計画するのは自由なので行けたらいいなと思っているところを覚え書きのように記しておきたいと思います。 ☆中央アルプス 木曽駒ヶ岳(2956メートル) 旦那様はロープウェイを使わずに一泊二日で登山した経験があるそうです。 宝剣岳(2927メートル)は岩壁をトラバースしなければならないので,やめておきなさいと言われているので今…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

三本槍岳④ おまけ☆

山頂駅で再びロープウェイに乗り込み,駐車場へ向かう途中の光景をおまけに載せてみました。 ↑これが登山中旦那様の心を鷲づかみにしていたカツ丼。(写真左) カツ1㎏,ご飯2.5㎏,総重量4㎏…四人前だそうです。 二人で食べきれるかなとぶつぶつ言っていたけれど,無理です,断言します。 ↑カントウタンポポだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三本槍岳③

北温泉分岐付近は下りなのですが,雪で道がよく見えないため深く陥没しているところや,泥だらけの道もあったりとなかなか面白い。 のんびり歩いていたら,野生のヘビがカサカサっと動いた。 人生で初めて野生のヘビを見た,軟弱都会っ子マリロビ「うひょ~!!」と言いつつも,ヘビはそんなに苦手ではないので「きっと向こうの方がビックリだったよね,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三本槍岳②

中の大倉尾根口から,中の大倉尾根を歩くこと1時間以上。 ブナやダケカンバたちが生えている道を心地よく歩いていると,段々と登りは急になり始め,気がつけば木の高さが低くなり,所謂森林限界を通り過ぎます。 そして旦那様が会いたがっていたハイマツさんに遭遇。 私は生まれて初めてハイマツさんと対面。 石を金網で固定してある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三本槍岳①

我が家の旦那様は高山がお好き。 先日日光白根山(2578メートル)に行こうと計画を立てたのですが,まだまだ残雪があり厳しいのではないかということで,急遽那須岳の最高峰三本槍岳(1917メートル)に行くことになりました。 朝4時から4時半に起床し,5時には出発。 高い山になればなるほど,午後にはガスが出やすくなったりするそうで,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そしてマリロビラボ

以前紹介した山形の「だし」。 友人の親友殿が山形ご出身ということで,お話したところ作り方を教えて下さいました。 材料はキュウリ,ナス,ミョウガ,ネギ(消化しにくいので少量)。 細かく刻んで醤油に漬ければ良いとのことだったのですが,だし醤油と牡蠣醤油もブレンドしてみました。 ↑右上にあるそれらしいものがそれです。 この日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草・三社祭 ~土曜日~

父上と浅草で行われている三社祭に行って来ました。 お囃子が聞こえてきて,すぐ目の前に御神輿が現れました。 お祭り大好き,血が騒ぎます。 半被を着た人の背中が格好いいこと! (もう少し御神輿を大きく写せた写真があったのですが,お顔がはっきり分かってしまうので掲載は断念。) それにしてもすごい人出で,人に酔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 アイガー北壁 ※ネタバレ注意

先日一人で美術館に行くことができて,調子を良くしたマリロビは日を改めて映画館にも行って来ました。 (もともと,一人で鑑賞することに抵抗はないし,それに一人の方が作品とゆっくり向き合えるので好きなのですが,近年は諸事情により出来なくなってしまっていて,久しぶりにできて本当に嬉しかったです。) さて行ったのは「アイガー北壁」。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ブラングィン展

国立西洋美術館で2月23日から5月30日まで開催されている,「フランク・ブラングィン展」に行ってきました。 平日に美術館に行けることを旦那様に感謝しながら,のんびりと展覧会を鑑賞してきました。 フランク・ブラングィン氏は国立西洋美術館の基となっている,松方コレクションを松方幸次郎氏とともに作り上げた方で,この方々のおかげで現在私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都会の森へ

先週は具合も良くなって来たのか,久しぶりに一人でうろうろと外出をしてきました。 ↑もうこれでどこにお出かけしたか分かりますよね? ↑たまにはGRをマニュアルモードにして,葉っぱさんを撮ってみました。 ↑そうです。 お目当ては,国立西洋美術館。 こちらで開催されている「フランク・ブラングィン展」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010 GW 恵林寺と白州編

西沢渓谷は8時に登り始めて,12時には下山できてしまったので時間が予想よりも大幅に余りました。 お昼ご飯も頂上でと思ったら,10時半くらいに頂上に着いていて,今食べるのもどうかなということで見合わせ,結局下山して駐車場そばの橋の下にレジャーシートを敷いて川を眺めながらお昼を取ることにしました。 それからは武田信玄の菩提寺として名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010 GW 西沢渓谷編③

人面洞(どこらへんが人面なのかよくわからなかった),竜神の滝,恋糸の滝,貞泉の滝,母胎淵と多くの名所を過ぎていく。 ↑こんな場所も歩きます。 べちょっと水の中に足を突っ込んでしまったけれど,全く問題なし。 ↑この心許ない橋,方丈橋は3人以上は通行禁止という橋。 この橋を渡り,少し登るとメインの七ツ釜五段の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010 GW 西沢渓谷編②  

のんびり清流と平行に歩いて行くと,大久保の滝やら,魚止滝などがあるのだけれど,あまりに滝が多くていちいち撮っていられなくなってしまったのでした。 急に登りが現れたりして。 息切れをするマリロビに対して,いつも平穏そうな旦那様。 「息切れたりしないの?」と聞けば,「切れないよ」と。 身体の根本的な構造が違うんじゃないか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010 GW 西沢渓谷編①

連休も終わりに差し掛かり,ようやく旦那様の重い腰が上がった。 滝…渓谷ならばお出かけする気になったらしい。 朝3時に起きるようにと言われていたけれど,結局起きたのは4時。 「山の五分は大きいんだよ」と小言を言われながらも,寝ぼけ眼で荷支度をすませて,まだ暗い中5時20分くらいにマイカーのアクセラ君で出発。 渋滞に巻き込ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2010 GW かっぱ橋編

かっぱ橋と言えば,食器や食品サンプルや業務用のものがたくさん売っている,面白い場所です。 今回は浅草から歩いて遊びに行ってみました。 ↑浅草は以前友達と水上バスに行って以来で,懐かしかったです。 建築途中のスカイツリーも見えますね。 皆様橋の上からスカイツリーを写真に収めておりました。 ↑水上バスの切符…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more