テーマ:D80

京都日帰り おまけ編

↑ 「そば處 権太呂」さんで。 お茶が美味しそうです。 ↑ 雰囲気が良かったのでついつい。 ↑ シンポジウムに向かう旦那様の足。 また京都に行きたくなってきました。 おしまい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都日帰り ひとり編

シンポジウムが開かれる時間に合わせて,旦那様とはお別れして,ひとりで京都をうろつくことにしました。 京都をのんびりひとりで歩くのは,本当に久しぶりのことで,昔のようにひとりでうろうろ歩いてみたかったというのもあって感慨深かったです。 シンポジウムの会場から移動時間1時間くらい,自由時間1時間半くらい,戻るのに1時間くらいの計3時…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

京都日帰り 続編

京都日帰り強行軍の続きです。 深夜の東名をひた走り,気がつけば浜松を通過。 おそらく私はここらへんで一度起きたはず・・・。浜名湖が綺麗でした。 その後無事に京都入りしたのは10時を回った頃でしょうか。 シンポジウムの会場付近に車をとめて,お昼ご飯を食べに行きました。 今回は「そば處 権太呂」さん。 そちらで頂いたのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都日帰りの巻

京都で行われる,とある学会に旦那様が参加されるとのことで急遽日帰りで京都に行ってきました。 また金曜日の真夜中2時くらいに出発して,10時ごろに京都に到着するという無茶苦茶なパターン。 とりあえず車をとめる場所を探して,お昼ご飯とちょこっと観光を。 いろいろあってくたびれたので,また後ほどアップいたします。{%笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田の命泉 大和の湯

市原ぞうの国から出発すると、皆さん異口同音で「体が獣くさい…」と言い出し、温泉に行くことになりました。 どこの温泉に行くか考えたところ、車で1時間くらいで到着する「成田の命湯」にすることに。 こちらの施設は全館禁煙、小学生未満の入館は不可となっており、大人が寛ぐための場所となっております。 温泉の色は、首都圏では珍しい「黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原ぞうの国 感動の?最終回

市原ぞうの国での話題がたくさんあったので、五回にわたってしまいました。 さて、他にも撮影した動物をご紹介してみます。 マダガスカルにもいる品種のカメさんです。 カメさんを見ると、いつもロンサムジョージのことを思い出します。 カバさん。 これが近くで、しかもとても大きいのです。 手ぶらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原ぞうの国 母上の発見編

妹ジョンがモルモット小屋で、モルモットに一斉に逃げられている時に、ふと通り道の木を見ていた母上が何かいると驚きながら伝えてきました。 園内の動物が逃げちゃったんじゃないのかしら?と言うので、恐る恐る木のそばを覗き見てみると、穴からプレーリードックが顔をのぞかせておりました。 こんなに近距離でプレーリードックを見るのは初めてで、良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原ぞうの国 新たな友カピバラ編

園内を巡る途中で、急に雨に降られたり、やんだかと思えばまたすぐに降り出したりと、生憎天候には恵まれませんでした。 じめじめとした陽気の中、外で昼食を取っていたら、沢山の蚊に襲われながら急いで食べなくてはならなくて、このような場所に行くときは、虫除けスプレーは必要不可欠だなと実感しました。 全員がそれぞれどこかの場所で蚊に食われ、かゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原ぞうの国 びびりーな妹編

小動物にえさをあげるのを楽しみに来園した妹ジョンは、早速出入り口で500円のエサバケツを購入。 エサバケツの中身は、ニンジン、バナナ、トリのエサとかかれた封筒に入っている固形物です。 始めに出会ったカピバラさんには無事にニンジンを上げられたのですが、キリンは背丈も高く、少々荒っぽいのでびびりーの妹は「こわーい、むりー」と母上にエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原ぞうの国 スタート☆

早起きをしました。 8時に母上と妹を迎えに行かなければならないので、7時過ぎにお家を出発しました。 エネルギー補給のために旦那様が買ってきたのが、なんとガチャピンとムック。 無事に母上と妹と合流して、高速道路で一路市原を目指します。 やってきたのは市原ぞうの国。 このぞうの国では、様々な動物に触れられ、エサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を撮る

写真を撮るのが好きですが、その中でも実は人を撮るのも好きです。 顔を載せたりするのがダメだったりするので、ブログではなかなか載せられません。 でもこれは私が気にしすぎるのかもしれませんが、人を撮るのにはエネルギーを使います。 その人の作った顔ではない、素の魅力的な表情や、外見自体ではなく滲み出てくる中身を撮りたいと思うので、カ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

写真館 奥入瀬展⑤

写真館 奥入瀬展もこれで最終回。 長々載せてしまって、恐縮です。 これは奥入瀬で撮った写真の中で、自分が最も気に入っている写真です。 新芽が出ているというのはとても好きな光景で、これからへの期待と楽しみがあって良いですよね。 葉がとても艶々としていて、エネルギーに満ちていて、私自身元気をもらいました。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

写真館 奥入瀬展④ 

水流の撮り方を旦那様に指南していただき、後は接写もFを変えたりするようにと教わったので、試行錯誤しながら撮り続けてみました。 光源を後ろに配した構図になっていて、とても気に入っている写真です。 緑の淡い感じと余白が気に入っていて、みずみずしい感じがします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真館 奥入瀬展③ 講習後

奥入瀬展①でお見せしたのは、ただ被写体にレンズを向けてパチリと撮ってみたものです。 今度のは、旦那様に教わって絞りをF22くらいにして、カメラを岩の上に置くなり、木に固定するなり、自分の膝にのせるなりして撮影したものです。 シャッタースピードが遅くなるので、本来は三脚を使うべきなのですが、適当に撮ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真館 奥入瀬展②

せっかくM35を使っているので、色々と接写してみました。 ↑幹の樹皮がよく撮れています。 きっちりと撮ってくれるので、このレンズは使っていて心地良いです。 ↑マクロレンズで撮ってみたかった風景です。 普段は気にしない小さなものも、マクロで撮ると新しい視点と世界を見せてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真館 奥入瀬展① 講習前

場所を移動して、十和田湖の水が流れ出る奥入瀬に参りました。 旦那様は新緑が大好きなので、最も今行きたかった場所のひとつだったと思われます。 そんな素晴らしい薄緑一面の奥入瀬を撮ってきました。 新緑を撮るよりも、ついつい水の流れに目が行ってしまいます。 岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真館 十和田湖展

日帰りで十和田湖・奥入瀬に行って来ました。 今年のGWはほとんどお家の近辺でお散歩をしていたので、最終日くらいお金を使わずに遊びに行こう!ということになり、久々に写真部の活動が行われました。(現在部員2名。どなたか参加されます?笑) 旦那様がFUJIFILMのS5Proを購入されたので、いよいよD80が私の物になりました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

盛岡 寫眞紀行 番外編

おまけの写真をご紹介します。 「陽月」に「うめばやし」…なんて偶然なの?!と面白くなって撮ってしまいました。 看板を見ると、「ぶぢょうほ まんじゅう本舗」とある。 そのまんじゅうの正体を確かめるために、いつかお店が開いていたら入ってみたい。 街角ネコシリーズ。 今回はこのお方です…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

盛岡 寫眞紀行 その2

目についたものを、うきうきしながら撮るのは何とも楽しい。 これが上手に撮れていれば尚更なのだけれど、まだまだそういう訳にはいかなくて。 それにしてもレンズを向けたくなる何かがたくさんある街は、とても魅力的で興味深いことの証しだと思う。 盛岡は私にとって、まさしくそんな街。 ふと見ると昔ながらのものがひっそりとたたずんでいて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

盛岡 寫眞紀行 その1

岩手山から南下して、盛岡市内に入りました。 この日はのんびりと盛岡市内を散歩しながら写真をとって楽しんでおりました。 岩手銀行中ノ橋支店。東京駅を設計した辰野金吾氏、葛西萬司氏による建築だそうで、今でも華やかで一際目をひく存在でした。 南部鉄器で有名な釜定さんのお店。 店内…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

岩手山と焼走り

皆様ご心配下さって、本当にありがとうございます。 まだ喉と鼻の奥に痛みがあり、今朝も切れるように痛かったのですが、それ以外は何とか大丈夫です。 暖かくして養生したいと思います。 さて。 先程の連休中には、旦那様の心の故郷に連れて行かれました。 心の充電が必要だったのだと思われます。 今回はお天気にも恵まれまし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミラパケッソと富士山

突然母上が、旦那様のことを「ミラパケッソに似ている」と言い出した。 ミラパケッソ…とは母上の辞書では、CMに出てくる動物を指すと思われる。 それと同一ではないかもしれないが、それに似たラマがいた。 母上が「似てる、似てる」と喜んでいたので、私も便乗して写真を撮ってみた。 ↑うちの旦那様に似ているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

草食動物ゾーン

富士山をバックに、ゾウ二頭と車が…いかにも富士サファリパークという感じの写真ですね。 ゾウは鼻を器用に使いながら、口元に草を運び、はむはむと食べておりました。 このゾウが急に暴れて、車に突進してきたらどうなるかなぁ、絶対危ないと思う、そんな会話が車内で繰り広げられながら、我らは先を行く。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに

ライオンだ♪ …寝てます。 このたびの休日には、旦那様と母上と三人で富士山を見ながら露天風呂に入りに富士山のそば、裾野に行きました。 晴天だったのですが、露天風呂に入るとちょうど雲が富士山を隠してしまっていて、残念ながら富士山を見ながら、お湯に浸かるという贅沢を味わうことはできませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いくつか山の写真を…

長野県には多くの山があり、東京都区内では見られない景色を見ることができます。 旦那様の出身地では南アルプスと中央アルプスの両方を見ることができます。 風光明媚で、水は冷たく、とても穏やかな気持ちになれる場所なんですよ。 山並みに夕日が映えて、とても綺麗な光景に出会えました。 残念ながら望遠レンズを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白州蒸留所にて

旦那様のお祖母様のお見舞いに長野に行く途中、立ち寄ってみました。 八ヶ岳が見える緑豊かなところにあります。 訪れた時は寒かったものの、日の光が春めきだしていて心地よかったです。 今回は先を急ぐのでガイドツアーには行かれなかったのですが、次回は是非是非訪れてみたいです。 どう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

巨星現る!

遊びでチェロをいじっていたら、変な写真を撮られました。 是非是非ブログに載せなよ~とうるさくしつこく言うので、載せてみました。苦笑 クマのマークは、旦那様がいそいそと作成したものです。 それにしてもチェロは指が短い私には不可能な楽器です。 ちょっと眉間をひそめて弾くあたり、大物感を漂わせている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伊豆時間4

堂ヶ島で残念な思いをしたためか、その後私は車内でぐうぐう寝ていました。 思い出の土地土肥もいつの間にか通り過ぎ、西伊豆スカイラインも通り過ぎていたらしい。 でも西伊豆スカイラインはうねうねの山道なので、寝ていて良かった。 ごめんなさい、旦那様。 そして「だるま山」にある展望台にやってきました。 この展望台からは駿河…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

伊豆時間2

石廊崎を後にして、海沿いをドライブしながら北上しました。 目指すは野猿がいるという波勝崎。 波勝崎苑は、申年の元旦などでテレビ中継をされているみたいです。笑 ここでは飼育員さんが餌をまいているので、野猿と言えるのか謎ですが、たくさんの猿がいました。 まずマイクロバスで海岸付近の休憩所に連れて行ってもら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊豆時間

早朝に出発し、海老名SAで朝食を買って、一路伊豆の最南端を目指します。 (朝食に選んだのは「ぽるとがる」のパン。プレミアムカレーパンはパン生地がさくさくとしていて、美味しかったです。) 前回載せた弓ヶ浜は、水質もとても良く、景観も非常に綺麗なビーチで有…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more