棒茄子

妹が「棒茄子」と言っていたので,私も真似てみました。
結婚して数年,旦那が私にも初めて棒茄子をくれました。
予想外の出来事だったので,とても嬉しく驚きました。
隣にいた息子が目を輝かせて,「○ちゃんにも!!」と手を伸ばしてきたのを「あなたにはありません」と一刀両断にしました。

約10年ほど前に買ったvignyのモッズコートのポケットやファスナーなどが壊れていて,どうしようもなくなってきていたので泣く泣く今年捨ててしまいました。
そして同じく約10年ほど前に買ったvignyのダウンコートを着ていたのですが,10年前と体型が恐ろしく変わっておりまして,少々動きが不自由なのとどう見てもミシュランのタイヤマンにしか見えないので,毎日コートを着ないと寒い日はストレスがたまっていました。

頂いた棒茄子でダッフルコートを新調させて頂きました。
それから今年は家の中を見直して,収納用品やこたつ布団,物置などを購入したので,そちらに少々補填。

そして息子と靴を買うことにしました。

画像


息子と私にブーツを一足ずつと思っていたのに,息子は誰に似たのかちゃっかりしていてスニーカーが欲しいと言い出しました。
ナイキのスリッポンのような履きやすいスニーカーを次々と試着して,「赤がいい!」と言い出す始末。
「何言ってるの。ブーツだけだよ」と言いながら息子の靴を見ると,すり切れる寸前で履きつぶしているような状態。
ナイキの赤いスニーカーは少々お値段がするので,他のものを見てもらうことにして今のものと同じような瞬足の中から選んでもらいました。

子どもの靴を買うのは難しいです。
お店の人にも協力してもらって,きつくないかどうか,大きすぎないかどうか,試しに歩いてみて履きにくくないか確認してもらうのですが,当の本人が心許なくて良いのか悪いのか分かりづらい。
デザインが良ければそれで良いという感じなので困ります。
しかも同じ瞬足でも今まで履いていたのはつま先部分がメッシュで当たりが柔らかいため,あまりきつく感じないもの。
ところが試着してみた靴はつま先まで固く布が覆われているタイプなので,動きやすくなるのに時間がかかるタイプ。
その違いが分かっているのか怪しいものですが,本人は大喜びで新しい靴を履いていたので良しとしました。

ナイキの赤いスニーカーはそのうちお父さんに買ってもらえるといいねと言いながらお買い物終了。
お買い物をするとくじが引けるというので,息子にガラガラと回してもらうと残念賞の赤い玉が二回出て,最後の一回もおそらく赤い玉だろうと気の毒に見ていると,最後は三等の玉が出て商品券を頂いたのでした。

久しぶりに楽しいお買い物もできました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック